« ヒロ‥の日々(もんたの一年):葉物(芸?)たちー1 | トップページ | ヒロ・・もんたの一年:葉物(芸)の3 カラー »

2020年7月16日 (木)

ヒロ‥の日々(もんたの一年):ギボウシ・葉物(芸)-2

 

 おはようございます。

 

 今朝も寒いくらいです。

普段使わない言葉で・・葉芸。

しかし、私のは単に葉物・でしょうか(笑)。

〇今回はギボウシを・・。

 コバギボウシです、小葉ですから、でしょうか?

Photo_20200716101101

〇しかし、良く増えてくれます。

Photo_20200716101801

〇花も沢山・・♪

Photo_20200716101802

〇花もやはり小さめですが、なかなかかわいいです。

Photo_20200716101901

 

※そうそう、葉の大きさを分かりやすく、並べてみました。

左から、コバギボウシ、レモンライム、丸みを帯びた肉厚なブルーマウス・・、白い縁取りの姫ギボウシ。

そして、シナノほまれ(もっと大きくなります)、一番大きいのがオオバギボウシ、最後はマクラータです。

P1040395

 

〇順番通りに、レモン・・です。

Photo_20200716102001

〇レモンと呼ばれますように、黄色みがかっていますね。

Photo_20200716102002

〇花はコバギボウシと同じ感じですね。 

Photo_20200716102101

 

〇今度はブルーマウス・・です。

こちらは芽生えからして、他の花たちとは明らかに違いますね。

Photo_20200716102201

〇葉の形も、色も、そして厚みが・・・。

Photo_20200716102202

〇花も、こんなに特徴があります。

Photo_20200716102203

 

〇今度は姫ギボウシ。

こちらも芽生えからこのよう斑入り?

リング状に白線が・・。

Photo_20200716102301

〇これだけでも楽しくなりそうな・・♪

11_20200716102301

〇花、こちらも紫系ですね。

Photo_20200716102401

 

〇シナノホマレはこのオオバギボウシとほぼ同じですね。

花もこのように白です。

Photo_20200716102402

〇そう・このオオバギボウシは、ユリたちがまだ咲いていたころの開花でした。

Photo_20200716102501

 

〇最後はマクラータです。

こちらの花も特徴がありますね。

P1040380

〇こちらの購入は、勿論葉の特徴からです。

P1040378

〇このように黒い斑が入っています。

乾燥にも強そうなので、この場所に植えてみました。

果たして、耐えてくれるか・・乾燥に?

P1040379

 

※ さあ・今後どうなるのでしょうか。

 もう特定の場所だけではなくなりましたね。

何時どこで感染しても驚かないような・・・。

※ただ気を付けるしか・・・。

 

 

 

« ヒロ‥の日々(もんたの一年):葉物(芸?)たちー1 | トップページ | ヒロ・・もんたの一年:葉物(芸)の3 カラー »

コメント

こんにちは
 
ヒロさんのお庭には、ギボウシの仲間も7種類もおありなのですね。
こんなに種類があることも知りませんでした。葉を並べて比べて
見せて下さって、大きさや色の違いがよく分かります♪
なかでもブルーマウスとマクラータは個性派ですね。
黒い斑の入った葉のものまであるとは~面白いです。
わが家は、日当たりが割るすぎたのか、1度植えたギボウシも
あっという間に消えました。皆すくすく育っていて羨ましいですよ。
マクラータもまた咲いたら見せて下さいね。

 今晩は・ポージーさん

 は~い・いつの間にかこんなに・・・でした。
それも植生を調べるために、南・北や湿度の具合も考えて・・。
 花によりますが、2か所に植えています。
ですので、うまく当たりますと両方が♪でして。

 そうなんですブルーマウス、こちらはもう5年?でしょうか。
毎年咲いてくれます。
本当にこの葉といい花といい、楽しませてくれます。
 マクラータは先月に、やっぱり・葉・が珍しいので購入でした。
ん・葉芸になっちゃうかな(笑)。
※ただ、全般的にギボウシ系は、川筋など湿気のある所が多いのですが。
 今回は、日当たりのいい、乾燥気味の場所に植えてみました。
この夏を超えられるか・・・。
状況では移植ですね!
 実は2年前に一度、楽しみなギボウシを枯らしておりまして・・・💦
・頑張りま~す。

こんばんは~
ギボウシの仲間、こんなにあるのですか~
そしてそれを揃えておられるとは恐れ入りますね
葉っぱの一覧、分かりやすくていいですね、
こんな芸当はなかなかできません
姫ギボウシの縁取りのある葉っぱは綺麗で、本当に楽しいですね
白い花を咲かせるシナノホマレ、名前いいですね、
オオバギボウシは知っています(我が家にもあります、花が終わったところかな)
渓流歩きが得意なヒロさんなら、深山谷沿いの岩上に生えるイワギボウシも仲間に入れなくてはね
育つ環境がちょっと厳しいですかね

 もとさん今晩は~。

 ギボウシたち、どうにかここまで・・・。
しかし、一種類は可愛そうなことをしました。
※こういうのは葉芸とは言わないでしょうが・・・。
 そもそもの始まりが、葉に興味を持ったので集め始めた感じですね♪
 
 は~い・姫ギボウシ、そうなんです。
ですので、門からのアプローチの目立つところに・・・。
しかも、花壇の中ではなく、アプローチの石畳の隙間(意識的に空けていますので)に植えております。
※そう・このオオバギボウシは、毎年根元から切り取って食べております、よ~。
 へ~・岩ギボウシ、そうですか。
シナノホマレやオオバギボウシとよく似ていますね。
?心なしか、チョット小さ目なくらいですね。
 洪水等で流れに任せて辛うじて生きているのがありますね。
今度拾ってこようかな!ですね。
 ありがとうございました。

おはようございます。

今日も雨降りの寒い一日になりそうですね。
ここ数日の寒さで、私は長袖を着用してます。
早く、すかっとした晴れ間が欲しいです。
ギボウシ・・・素人の私は一種類と思ってましたが
何種類も有るのには驚きました。
葉を並べての種類の区別は参考になりました。
やはり、ヒロさん家の庭だから栽培できるのでしょうね。

すみません・・・
↑コメントはkucchanでした・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒロ‥の日々(もんたの一年):葉物(芸?)たちー1 | トップページ | ヒロ・・もんたの一年:葉物(芸)の3 カラー »